医院ブログ

CLINIC BLOG

医院ブログ

気になる情報(矯正治療「7つの不安」、抜歯vs非抜歯治療、舌側vsマウスピース矯正など)は「こちら」からお探しいただけます。

2015.11.26更新

当クリニックの矯正相談にお越しになる方々から、

「舌側矯正とマウスピース矯正、どちらがお奨めですか?」

と質問をお受けしました。

イン

 (左)舌側矯正、 (右)マウスピース矯正(インビザライン)

 

どちらが見えないかと言えば「舌側矯正」の方が見えません。しかし、実際のお口の中では「マウスピース矯正」もほとんど目立ちません

 

治療開始直後のお口の中の違和感は「マウスピース矯正」の方が少なく、話やすいと思います。

イン3

しかし、舌側矯正の患者さんも徐々に違和感になれ、問題なく話せるようになります。

 

では、両者の一番大きな違いは何でしょうか?

舌側矯正は、患者さんが何もしなくてもワイヤーが歯を毎日24時間動かしてくれますが、マウスピース矯正は、患者さんが自分でマウスピースを毎日22時間以上つけないと歯が計画通りに動かないということです。

ですから、どちらの方法でも治療が可能な場合、面倒くさがり屋の方には「舌側矯正」をお奨めしますが、治療中一番大切な「歯みがき」は、舌側矯正が最も難しいというジレンマもあります・・・

 

(第2回 「費用と治療期間の違い」につづく

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.11.25更新

第2回 「費用と治療期間の違い」

例えば、「舌側矯正」と「マウスピース矯正」どちらでも治療が可能な方がいたとします。

inn

 

【治療費用】

圧倒的に「マウスピース矯正」の方が安いです。その理由は、主に以下の3つです。

1.マウスピースを作るプラスチックは特殊素材ですが、「舌側矯正」のブラケットを作る金属に比べれば安いから。
2.「マウスピース矯正」は「舌側矯正」と比べて、通院間隔を長くすることができるから。
3.「マウスピース矯正」は「舌側矯正」と比べて、チェアタイム(通院時に治療する時間)が短くてすむから。

 

2.と3.に関して、ブラケット矯正の場合、治療の進行具合に合わせて、歯を動かすためのワイヤーやゴムを交換しないと歯が適切に動きません。特に、ゴムは1か月もすると伸びてヘタってしまうため、約1か月に1度の定期的な治療が必要になります。

しかし、マウスピース矯正の場合、ワイヤーもゴムも使用しないので、それらの交換のための来院やチェアタイムを省くことができます。

ですから、患者さんが、1日22時間以上のマウスピースの装着などの自己管理を適切にできるのであれば、マウスピース矯正は、皆さんにとって矯正治療を経済的により身近にする画期的な治療方法と言えます。

 

【治療期間】

ブラケット矯正で用いるワイヤーは、歯を1か月で最大1mmほど動かしてくれます。

一方、マウスピース矯正では、1枚のマウスピースが歯を動かせる量は、約0.25mmです。マウスピースは、10日~2週間に一度交換しますから、1か月に歯を動かせる量は、0.5~0.75mmとなります。しかし、これは、患者さんが1日22時間以上使用した時の値ですから、不十分な装着時間ではこれらの値は期待できません。

ですから、ブラケット矯正の方が1か月の歯の移動量が多いため、マウスピース矯正に比べて治療期間が短いのかも知れません。しかし、歯の動きは単純ではないので、一概に舌側矯正の方が治療期間が短いとは言えない場合もあります。

また、「マウスピース矯正の方が早く治療が終わる」という情報がインターネット上にありますが、全ての症例に当てはまる訳ではないので注意が必要です。

 

では、全ての症例を「マウスピース矯正」で直すことができるのでしょうか?

今のところ、全ての症例で最も有効な治療法ではないと感じます。詳しくは、第3回でお伝えします。

(第3回 「適応症について」はこちら) 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.11.24更新

第3回 「適応症について」

さて、前回までの2回で、「舌側矯正とマウスピース矯正、どちらでも治療が可能な症例」では、マウスピース矯正がよりお手軽であるとお伝えしてきました。

しかし、マウスピース矯正が、全ての症例で最も有効な治療法ではないと感じます。では、どの様な症例がマウスピース矯正には不向きなのでしょうか?

safety

 

1.毎日22時間以上、マウスピースを自己管理ではめる自信がない方

歯は、絶対に予定通りに動きません。これが一番多いトラブルの原因です。

 

2.一部の抜歯を必要とする症例

マウスピース矯正では、苦手な歯の動きがあります。一部の抜歯が必要な症例では、その動きが要求されるので、矯正医の正しい診査・診断が必要になります。

抜歯が必要な症例でも、マウスピース矯正の弱点を補うために何とか非抜歯で治療する傾向がありますが、これもトラブルの原因になりうります。理由は、当院ブログ抜歯と非抜歯、どちらがいい治療?をご参考ください。

 

3.咬み合わせのズレが大きな症例

ワイヤー矯正において難しい症例は、マウスピース矯正だともっと難しくなる場合があります。矯正医の慎重な判断が必要になります。

 

 

(あとがき)

矯正治療を成功させるための鍵は、科学的な診断に基づいた「無理のない治療計画」を作ることです

装置も大切です。しかし、新しい装置を使うからといって、顎や歯の大きさや構造が突然変わるわけではありません。

治療の根本である「治療計画」により注目して頂ければ、もっと満足のいく治療を受けて頂けると矯正医の視点からは思います。

  

無料矯正相談会のお申し込みはこちらから

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.11.21更新

こんにちはni最近、銀座の街並みはクリスマスや冬の訪れを感じる風景が増えてきましたねstar

クリニックの待合室も、クリスマスを感じるグッズを置いてみましたnote2

受付横にクリスマスカラーのプリザーブドフラワーflower2

くりすます1

お花でクリスマスを表現できるって、とても素敵ですねheart3

ソファには雪華模様のクッション

くりすます2

クリニックにお越しの際は、こんな風景にも注目してみてくださいねnico

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.11.21更新

1.自分が望む治療結果を得られるか不安
2.自分が望む治療方法を選べるか不安
3.高額な治療費への不安
4.治療期間への不安
5.治療中のトラブル
6.治療後に歯並びが元に戻らないか
7.どこの医院にかかれば良いのか(医院選び)

これらは、当クリニックに今までに寄せられた代表的な「7つの不安」です。

 

1.自分が望む治療結果を得られるか不安

例えば、同じ歯並びを持つ患者さんが2人いたとします。全く同じ矯正治療を受けて、2人とも満足するのでしょうか?

 写真

答えは、皆さんの心の中にあります。同じ歯並びであっても、お悩みが一緒とは限りません。


ひとりは歯並びだけが気になっていて、もう1人は歯並びよりも口元の出っ張りが気になっているとします。両者への治療方法は、たとえ歯並びが一緒であっても異なってきます。

 

しかし、悩みを他人にうまく伝えることは、時に難しいことがあります

 

ですから、患者さんとのお話の中から悩みの核心をしっかりと見つける「洞察力」が歯科医師には求められます。そのためには、「核心を感じ取るセンス「持っている知識や経験を瞬時に活用する力」などが必要になります。

お話が面白い人は、場の雰囲気を読む「センス」と「瞬発力」があります。それと似ているのかも知れませんね。

 

コミュニケーション力がある歯科医師に出会うことが、ご自身が望む治療結果を得られるかどうかの決め手になるのかも知れません。

スウェーデン矯正歯科では、スタッフ一同「皆さんとのコミュニケーション」を大切にしております

 

(第2回 「自分が望む治療方法を選べるか不安」につづく

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.11.20更新

2.自分が望む治療方法を選べるか不安

たとえば、トンカチしか持っていない大工さんがいたとします。とりあえず何でも叩くしか方法がありません。それで満足のいく家は建てられるでしょうか?

家

もし、トンカチとノコギリを持つ大工さんがいたら・・・
私だけではなく、皆さんもこちらの大工さんにマイホームをお願いすると思います。

 

矯正治療もこれに似たところがあります。歯並びや咬みあわせを改善するには、
 1. 表側のワイヤー矯正
 2. 裏側のワイヤー矯正
 3. マウスピース矯正
 4. 差し歯で直す治療
 5. それらのコンビネーション
などいろいろな方法があります。ですから、治療の選択肢が増えるほど、皆さんが望む治療方法を選べる確率が高くなります。

 

特に、成人の矯正治療において、「矯正治療」と「差し歯で直す治療」の「コンビネーション」が必要になる場合が少なくありません。その場合、矯正治療はより複雑になりますが、現実的な治療計画を作るために、矯正医にも一般歯科治療の「経験と知識」が必要となります。

 

さらに、むし歯や歯周病、インプラント治療が絡んでもっと複雑化したら・・・

 

一般歯科の経験と知識が豊富な矯正医の存在は、きっと皆さんの治療を力強くサポートできるでしょう。

実は、それこそが「スウェーデン矯正歯科の一番の強み」です。

 

(第3回 「高額な治療費への不安」につづく

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.11.19更新

3.高額な治療費への不安

矯正治療は、基本的に健康保険が適応されません。そのため自由診療になるため、一般的には80~100万円程度の治療費用がかかってしまいます。

 

治療費用は医院によって異なりますが、
 1. 治療で使う機材の費用
 2. 治療へのこだわり・技術・知識・経験
 3. 人件費
 4. 宣伝・広告費
などの違いによるものです。

 

戦後から現在に至るまで物価はずっと上昇しましたが、矯正治療費はあまり変わっていません。他の業種と同じく「技術革新」や「歯科医院の企業努力」の結果であると考えられます。

 


ところで、皆さんは、どうして矯正治療に興味をお持ちになりましたか?

「歯並びが気になって、人前で笑えない」
「咬み合わせが不安定で、どこで咬んでよいか分からない」
「出っ歯で口を楽に閉じられない」

そのような悩みをいつからお持ちになりましたか?
いつまでそれを持ち続けますか?

 

写真

「人前で心から笑えるようになりました」
「咬み合わせが安定し、快適で楽になった」
「口を閉じられるようになり、周りから雰囲気が変わったと言われた」

 

その悩みがなくなったとき、きっと人生は変わり、もっと楽しめるでしょう。一度きりの人生はですから、矯正治療は価値のある自己投資ではないかと考えます。

矯正治療を始めるのであれば、早い方が良いと思います。悩みを引きずるのは面倒ですし、悩みが早く解決すれば、それだけ長く豊かな人生が送れます

 

質が確保された矯正治療への治療費は、今後もそれほど変わらないと言われております。価格競争の波が矯正にも押し寄せていますが、「安物買いの銭失い」にはお気をつけください。

 

※矯正治療は、医療費控除の対象になります。
※スウェーデン矯正歯科では、分割でのお支払い、クレジットカードでのお支払いにも対応しております。

 

(第4回 「治療期間への不安」にづく) 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.11.18更新

4.治療期間への不安

A医院とB医院と言う2つの矯正専門クリニックがあったとします。
治療期間をたずねたところ、A医院では1.5年、B医院では2年と言われました。皆さんはどちらの医院で治療を受けたいと思いますか?

AorB

それはA医院ですよね。私でもそうします。

しかし、A医院とBクリニックともに矯正専門クリニックです。矯正治療の期間をできるだけ短くする努力は、全ての矯正医が取り組んでいます。

では、なぜそのような違いが生まれるのでしょうか?

 

1.技術力・知識の差
歯は、基本的には1か月に約1mmしか動けません。これは体の細胞の限界です。

しかし、歯の動かし方によって治療期間に差がでます。これは、まさに技術力と知識の差です。

detour

無駄を省き、ゴールに向かって一直線に歯を動かすことで、治療期間を最短化できるでしょう。


また、コルチコトミーやマイクロオステオパーフォレーションという処置を行えば、歯が約20~30%速く動くと言われています。しかし、その効果は術後1~2か月しか持続しないという報告があります。2か月でたった0.6mmの違いですが、上手く利用すれば治療期間の短縮につながるでしょう。但し、外科的な手技を必要とするので、ここでも術者の腕が問われます。

 

2.セールストーク
予想治療期間を他院よりも短く伝えれば、患者さんは喜んでくれます。

しかし、皆さんが欲しているのは「正確で偽りのない情報」だと信じています。正論すぎる説明は、あまり魅力的に聞こえないかも知れませんが、医療にセールストークは必要ないと私は考えます。

 

◎スウェーデン矯正歯科では、
・東京医科歯科大学で、口腔外科を
・歯科先進国スウェーデンの王立イエテボリ大学で、矯正治療を
学んだ矯正専門医が、「最大限にスピーディー」で「偽りのない」治療を自信を持って皆さんにご提供しております

 

(第5回 「治療中のトラブル」につづく

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.11.17更新

5.治療中のトラブル

幸いなことに、私が経験したトラブルは「ブラケットなどの装置が外れた」以外に思い浮かびません。
それは何故かなと考えてみました。

1.良い患者さんに恵まれたから(治療には患者さんの協力が不可欠です!)
2.十分なカウンセリングで、患者さんの主訴をしっかり理解したから
3.治療に関する情報提供を常に丁寧に行うように努めたから
4.無理な治療方針を立てなかったから

ではないかと思います。

握手

 

ちなみに、スウェーデン矯正歯科にいらっしゃる3大セカンドオピニオンは、

1.非抜歯治療をしていたのに、治療途中で突然「抜歯が必要」と言われた。
2.予定治療期間を過ぎてもなかなか終わらない。
3.治療が不完全のまま終わってしまった。(歯のねじれが完全にとれていない、咬み合わせが安定しないなど)です。

では、治療中のトラブルを未然に防ぐために、皆さんはどうすれば良いのでしょうか?

 

ズバリ「気になることを我慢しないで、ドクターまたはスタッフ伝えること」です。

 

それでもトラブルになりそうなら?

 

その時はセカンドオピニオン、つまり主治医以外の矯正専門医に相談するのが良いと思います。

 

 

※スウェーデン矯正歯科では、セカンドオピニオンをお受けしております。

セカンドオピニオンでご来院される前には、まず必ず主治医の先生とよくお話をして、それでも問題が解決しない場合にご相談ください

 

(第6回 「治療後に歯並びが元に戻らないか」につづく) 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.11.15更新

6.治療後に歯並びが元に戻らないか

せっかく長い期間と費用をかけて頑張って矯正治療をしたのに、歯が後戻り(歯が元の位置に戻ろうとする動き)をして、歯並びが再度デコボコになってしまっては「残念」の一言に尽きます。

矯正治療を受けた後に、何もしないと約70%の方が、治療後に後戻りをすると言われています。

 

では、1.後戻りを防ぐにはどうしたら良いでしょうか?
また、2.後戻りをしてしまった場合にはどうしたら良いのでしょうか?

 

1.後戻りを防ぐには?
リテーナーと言う装置をつけるしか方法がありません。期間は、矯正医の考えにより異なりますが、ヨーロッパでは半永久的に付けるのが主流です。

リテーナー

(写真) Bonded retainerと呼ばれるタイプのリテーナー。他にも種類があります。

 

当院では、リテーナーが外れていないか、定期的に専門医院でチェックすることを、むし歯や歯周病予防と合わせておすすめしております。

 

2.すでに後戻りしてしまった場合には?
綺麗な歯並びに自然と戻ることはありません。また、そのまま放置しておくと後戻りがさらに進む場合もあります。

直す場合には、残念ながらもう一度矯正治療を受けて頂くしか方法がありません。後戻りが軽度の場合には、ワイヤーを使わずに、マウスピース矯正で比較的お手軽に直せることもあります。

 

 

治療後のリテーナーのチェックは、歯を動かす治療よりも大切です。

スウェーデン矯正歯科では、

①治療後のリテーナーのチェック(後戻り予防と合わせて
予防歯科の本場「スウェーデン」で行われているメインテナンスプログラム(むし歯&歯周病予防

を同時にお受け頂くことも可能です。治療後のサポートもお任せください。

PA

 予防歯科の父 Dr. Per Axelssonと  2008年イエテボリ(スウェーデン)にて 

 

予防歯科プログラムのみのご予約も承っております。お口の健康が保たれ、歯も綺麗に輝くと大変ご好評を頂いております。(3~6か月に1度、約60分、¥10.000(税別))

通勤時やお昼休み、銀座でお買い物や食事をされるついでに、どうぞご利用ください。

 

(第7回 「どこの医院にかかれば良いのか」につづく) 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

前へ