医院ブログ

CLINIC BLOG

医院ブログ

気になる情報(矯正治療「7つの不安」、抜歯vs非抜歯治療、舌側vsマウスピース矯正など)は「こちら」からお探しいただけます。

2016.01.30更新

矯正治療前の準備、つまり「歯周病・むし歯・根管治療」が適切に行われていない場合にも、矯正治療難民になりうることを第1回でお伝えしました。

 

今回は、根管治療についてお話します。

根管治療とは、歯の中にある神経の通る管(根管)を清掃・無菌化することを目的にした治療です。

歯が痛い時に神経を抜く(抜髄)、根管の細菌感染をきれいにする(感染根管治療)の両者を指します。

 

では、どうしたら患者様は、ご自身が適切な根管治療を受けてこられたのか分かるのでしょうか?

 

ずばり、ラバーダムの使用の有無です。

ラバーダム

唾液の中には、細菌が億単位で存在するといわれております。

根管治療で、細菌を極力減らそうとしている時に、唾液が根管内に入ってきたら・・・細菌を注ぎ足してしていることになってしまいます・・・

それを防ぐために、ゴムシートを特殊な装置を使って歯の周りに固定し、唾液(細菌)が根管内に入るのを防ぎます。これがラバーダムの役割です。

 

ラバーダムの使用の有無で、治療の予後が全く違うのは、研究で証明されていますから、根管治療では必ず使用すべき器具です。

 

(まとめ)

根管治療には、治療の成功率を上げる注意点が多数ありますが、ラバーダムの使用が大前提です。

矯正治療中に痛みが出ないように、科学に基づいた根管治療を受けられることをお願いしております

 

 

スウェーデン矯正歯科では、矯正治療中に痛みが出ないように、一般歯科治療の経験が豊富な矯正医が、確実な「根管治療」も行っております。

包括的歯科治療で皆様の矯正治療をしっかりとサポート致します。

 

 

【他人事ではない!矯正治療"難民"(第4回歯周病治療)につづく

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.01.29更新

矯正治療前の準備、つまり「歯周病・むし歯・根管治療」が適切に行われていない場合にも、矯正治療難民になりうることを第1回でお伝えしました。

では、どうしたら患者様は、ご自身が適切な一般治療を受けてこられたのか分かるのでしょうか?

 

「歯周病」は、以下の4項目が満たされる事が必要です。

 

1) 染め出し液を使った「歯ブラシ指導」

染め出し

磨き残しが原因で、歯周病になります。治療の効果を上げ、再発を防止するためにも、磨き残しがどこにあるか「見える化」しての歯ブラシ指導は必須です。

 

2) 正確な検査

ポケット探針

検査をしなければ、どこにどの程度の歯周病があるのか診断ができません。

(検査の時は少しチクチクしてしまいます・・・)

 

3) 麻酔下の歯石除去(SRP)

 SRP

歯周病の場合、歯肉の下の歯の表面に歯石が付いています。

その歯石を取り除く時に、使う道具が炎症を起こした歯肉にあたると、患者様は痛みを感じます。

患者様が痛みを感じずに歯石が取れる様に、麻酔をすることは必須です。

 

しかし、歯肉で隠れた見えない歯石を除去することは、時には不可能なことがあります。その場合は・・・

 

4) 必要に応じた歯周外科治療

歯と歯肉の溝(歯周ポケット)の深さや歯の形態によっては、前述の歯石除去(SRP)だけでは、歯石が完全に取りきれない場合があります。

その場合、歯周外科治療(手術)が必要になります。

歯科医師の間で知識・経験・技術に大きく差が出る治療になるので、歯科医師選びが重要になります。

 

 

(まとめ)

歯周病は、日本人の成人の5人に4人が罹っている「他人事ではない」病気ですが、不治の病ではありません。しかし、治すのがとても難しい病でもあります。

歯周病を治さずに矯正治療を行うと、歯周病の進行するスピードが早くなってしまうので、確実に治すことが必要です。

 

 

スウェーデン矯正歯科では、スウェーデンのイエテボリ大学で行われている科学的根拠に基づいた歯周病治療を忠実に行っております。

矯正治療に移行する前に、責任を持って歯周病治療を致します。

 

 

【他人事ではない!矯正治療"難民"(第5回補綴治療)につづく】 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.01.28更新

さて、今までの4回で、矯正治療難民にならないようにするためには、矯正治療前の「歯周病・むし歯・根管治療」がとても重要であることをお伝えしました。(包括的矯正治療の第1のポイント)

 

ところで、むし歯・根管治療をした後には、「詰め物か差し歯」で歯の失った部分を修復します。

差し歯

(写真は差し歯)

 

では、矯正治療を行う場合、差し歯を入れてから矯正治療をした方が良いのでしょうか? 

それとも、矯正治療が終わってから差し歯を入れた方が良いのでしょうか??

 

答えは、ケース・バイ・ケースですが、実は、ここがスウェーデン矯正歯科の強みである「包括的矯正治療」の第2のポイントです!

 

どの様なタイプ・形態・色の差し歯を入れるのかなどによって、歯の動かし方や差し歯を入れるタイミングが変わります。

ですから、矯正医が、最終的に入れる差し歯の特徴を知っていなければ、理想の位置に歯を動かす事が出来ません

特に前歯に差し歯を入れる場合には、仕上がりに大きな差が出ることもあります。

 

 

矯正専門クリニックでは、それらの一般歯科治療を行わない所が多いと言われています。

しかし、矯正治療中に極力トラブルがない様にするため(第1のポイント)、また高いクオリティーの詰め物や差し歯を入れるため(第2のポイント)には1人の矯正医が最初から最後まで治療を行うことが理想であると私達は考えております。

 

 

そして、全ての治療が終わった後の、メインテナンスも忘れてはいけません。

メインテナンスにも、科学的根拠があります。

ある報告によると、50歳までにメインテナンスを始めた方は、その後の30年間で、歯を失う本数の平均は1本に満たなかったとのことです。

矯正治療後の後戻り防止も兼ねて、歯を残すためのメインテナンスをお受け頂くことは、新しいスタイルの矯正治療(第3のポインであると私達は信じております。

 

 

(おわりに)

全5回にわたり、矯正治療難民を生まないようにする「包括的矯正治療」の概要をお伝え致しました。

①矯正治療を行う前の「歯周病・むし歯・根管治療」、およびその後の「差し歯治療」を責任を持って行う
②矯正治療後のメインテナンスにも自信がある

スウェーデン矯正歯科を皆様の生涯のパートナーとしてお付き合い頂ければ幸いです。

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.01.25更新

最近、セカンドオピニオンでご来院される患者さんが後を絶ちません。

セカンドオピニオンとは、現在の治療の進行状況などを現在治療を受けている担当医とは別に、違うクリニックの歯科医師に「第2の意見」を求めることです。

何故後を絶たないのでしょうか?

セカンドオピニオン

理由は、現在受けている矯正治療に納得がいっていない、もしくは不安があるからです・・・

 

スウェーデン矯正歯科にセカンドオピニオンで訪れる患者様のお口の状態は、以下の2つにほぼ集約されます。

1. 治療計画が楽観的すぎて、目標とするゴールに到達できなくなっている.
2. ただ歯を並べるだけの治療になっていて、かみ合わせが不安定.

 

1.の場合、「予定治療期間が過ぎても、治療が終わる気配がなく、何か治療が後手にまわっている気がする」や「歯は真直ぐに並んではいるけれど、歯の正中線がずれている、または出っ歯になってきた」などの悩みを伺います。

2.の場合、「歯はきれいに並んだけれど、どこで咬んで良いのか分からない」や「上下の前歯同士で咬めない」などとお聞きします。

 

セカンドオピニオンは、それを求められる矯正医に責任ある言動が求められるため、これから治療を受けられる患者様の初回相談よりも時間と労力がかかります。

セカンドオピニオンで正確に現状を知ることは、患者様が希望されるゴールに早く到達するために必要なことですから、有意義なシステムです。しかし、正確な現状を知り落胆される方がいらっしゃるのも事実です。

そして、あまりにもいい加減な治療を見ることもあるので、正直私がショックを受ける事があります。

 

ところで、セカンドオピニオンに訪れた患者さんに「どの様に担当医(もしくはクリニック)を選んだのですか?」とお尋ねすると、「費用が安かったから」「すぐに終わると言われたから」と言う回答をよく耳にします。

 

一生に一度の矯正治療ですから、セカンドオピニオンが必要な状況にならないようにするためにも治療を任せる矯正医選びは、ぜひ慎重に行って頂きたいと思います。

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.01.19更新

非抜歯治療とサージェリーファースト、どちらも矯正治療に関する専門用語です。

最近は、これらの言葉を患者さんから聞くことがあるので、インターネットの力は凄いなと思います。

 

ところで、非抜歯治療とは、歯を抜かないで歯並びやかみ合わせを直す治療のことです。

 

サージェリーファーストとは、外科的矯正治療の1つの方法です。

骨格的な問題で「歯並び・かみ合わせ・横顔のライン」が乱れている場合、手術で上下の顎の位置関係を改善する必要がありますが、サージェリーファーストは、術前の矯正治療を省いてしまう方法で、治療期間の大幅な短縮が特徴です。術前矯正の期間は、およそ2年との報告がありますので、それを省けることは、患者さんとってとても大きなメリットです。

また、術前矯正をすると歯並びは良くなりますが、横顔のラインが悪化する(下顎前突の方は、より下顎前突になる)ので、術前矯正を省くことができれば、患者さんの生活の質(QOL)を下げずに済みます。

 

では、非抜歯治療の可能性を上げるため、また術前矯正を省くサージェリーファーストを実現するには、どうしたらよいのでしょうか?

 

SMAP

(SAS; Dentsply HPより)

 

そのために必要なのが「SAS(Skeletal Anchorage System)」です。

当クリニックでもSASを用いた矯正治療は可能ですので、ご興味がある方はどうぞご相談ください。

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.01.13更新

20代以降の成人矯正は、10代でする矯正よりも複雑で難しいと言われております。

皆さん、何故だかご存じでしょうか?

東京 糸

答えの1つは、

10代から成人になる間に「お口の中の環境」が変わり、それに合わせていろいろな歯科治療を受けてきたからです。

むし歯治療や歯石取りなどを全く受けたことが無い方は、まずいらっしゃらないと思います。

 

その1つひとつの歯科治療を1本の「糸」に例えると、複数の糸が絡んで訳が分からなくなっているから、成人の矯正治療は複雑で難しいと言われているのだと思います。

特に「歯周病(歯槽膿漏)」と言う糸が絡んでいる場合、その絡まりは複雑を極めます・・・

 

では、どうすれば理想的な成人矯正を受けることができるのでしょうか?

 

矯正医が、1本ずつ糸を解いて単純化し、それを1本ずつ丁寧にチェックして現状を把握できれば、成人矯正は成功するでしょう!

 

しかし、「糸を解き」「現状を把握」するのは、簡単なことではありません・・・

 

その時に活きるのが、むし歯治療や歯周病治療の知識と経験です。知識だけではなく「経験」がないと、実践では役に立ちません。

もし、その経験を矯正医が持っていたら、それは患者さんにとって心強いものになると思います。

 

実は、スウェーデン矯正歯科の強みはそこにあります。

 

科学に基づく「矯正治療と一般歯科治療の融合」を、東京駅から徒歩圏の銀座一丁目でご提供しております。

成人矯正をお考えの皆様にとって、現実的で理想的な治療方法をご提案することをお約束いたします。

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.01.08更新

スウェーデン矯正歯科では、初回の無料相談にいらした患者さんにアンケートをお願いしておりますpencil2

矯正 アンケート

これは、初回相談の品質を少しでも向上させるために行わせて頂いております。

 

 

さて、質問1の「本日の相談には満足頂けましたか?」の統計を取ってみると・・・

なんと、『極めて満足』が100%でしたgya 皆さんに全てのアンケートをお見せしたいくらい、スタッフ一同嬉しく思いますihi

 

質問2の「治療内容の説明は分かりやすかったですか?」も『極めて満足』が100%、質問3の「治療費用の説明は分かりやすかったですか?」は『極めて満足』が約98%でしたglitter

 

歯並びや咬み合わせでお悩みの皆様のお力に、少しでもなれるよう努力するスウェーデン矯正歯科をこれからもどうぞよろしくお願いいたしますclover

 

受付 鷹羽

 

 

 

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.01.05更新

新年明けましておめでとうございますglitter3

皆さん、どの様な新年をお迎えになられましたか?院長は「1キロ太った・・・」と言っておりました!

新年

スウェーデン矯正歯科は、本日が仕事始めです。本年もどうぞよろしくお願い致しますnico

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711