医院ブログ

CLINIC BLOG

医院ブログ

気になる情報(矯正治療「7つの不安」、抜歯vs非抜歯治療、舌側vsマウスピース矯正など)は「こちら」からお探しいただけます。

2017.09.23更新

松屋銀座で開催されているリサ・ラーソン展に行ってきました。
陶芸作家のリサ・ラーソンは、スウェーデンに生まれて数々の作品を創作し80歳を過ぎた今もその意欲は衰えることなく、やさしくかわいい動物や素朴で温かみのある作品を作っています。

展覧会 看板

 

 

リサ・ラーソンのデザインは、なじみのある所で昨秋のユニクロのルーム・ウエアのデザインとなり、発売され人気がありました。

ユニクロ リサ

(ユニクロHPより)

 

 

今回、数々の展示物の中で、引きこまれた作品がありました。いつも可愛いモチーフを多く作るリサの作品の中で異彩をはなつ女性像です。今から約50年前1970年辺りに作られた作品です。

社会討論

(リサ・ラーソン展のパンフレットより)

 

現在スウェーデンの女性の就業率は、EU諸国で最も高く75.7%だそうです。1970年代は現在のようではありませんでした。この作品は、当時リサの感じたスウェーデン社会へのメッセージだったのではないかなと感じました。


スウェーデンでは、この40年余りの改革で、子育てや高齢者福祉のシステムが整い、ずいぶん社会は変わりました。社会は変わりましたが、社会進出した女性には、新しい悩みや問題も出てきています。リサは、今ならばどんな女性像を作ってくれるのでしょうか?

 


ちなみに、当院の待合室にある船の陶芸もリサの作品です。

ポンポン船

院長の留学していたイエテボリは港町。その港を思い出させてくれるヨットです!!

 

石川(紀)

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711