医院ブログ

CLINIC BLOG

医院ブログ

気になる情報(矯正治療「7つの不安」、抜歯vs非抜歯治療、舌側vsマウスピース矯正など)は「こちら」からお探しいただけます。

2015.08.21更新

皆さま夏休みはいかがお過ごしになられましたか?衛生士の板橋ですni ice cream

虫歯予防になるオススメアイテム第二弾は、『チューイングガム』toothglitter3 食後などに気軽に取り入れやすく、上手に使えば効果的にお口の環境を整えられる便利アイテムです。

最近CMでよく見るのが、虫歯予防としてすっかりおなじみのキシリトール。虫歯菌(ミュータンス菌)の数を減らし、歯垢と唾液の質を変えて、歯みがきしやすい環境にしましょう、というものです。虫歯の出来やすい方や妊娠中の方はキシリトール配合のガムがオススメです。

実はこんなガムもあるの、ご存知ですか?POs-Ca F(ポスカエフ)note

ガム2

こちらの歯科専用ガムの特長は、カルシウムにあわせて、フッ素が配合されていること。ガムを噛むことによって、カルシウムとフッ素による歯の再石灰化を促し、表面を強くして、虫歯菌や酸性食品の酸に負けない歯をつくりましょう、というものですtoothglitter3  矯正中の方でも、ガムが柔らかく矯正装置を壊す心配が少ないので、このガムを取り入れた虫歯予防をオススメしてますsun

キシリトールは虫歯菌に対して働きかける、カルシウムとフッ素は歯に対して働きかける、といった違いです。3つのフレーバーからお気に入りのガムを探してくださいねnote2

 

ではここで!!ガムの噛みかたのポイントを4つmagnifierstar

食事の後に噛む→再石灰化を促すため、食べた後に噛むことで酸性の時間を短縮でき、歯の表面を守ります。噛む時間の目安は3~5分くらいですtears

一度にたくさん食べるより、回数を分けて→1日3回、食後やおやつの後にガムを噛む習慣をつけましょう。出先で磨けない時にガムを使うのもオススメですtears

唾液をしっかり出すこと→左右バランスよく噛んで、舌や頬を意識すると筋肉が動いて唾液が出やすくなります。大事な働きをしてくれる唾液をたくさん出すことで、効果も高まりますtears

歯みがきをしっかりすること→歯に付いた歯垢は歯ブラシでしっかり取り除きましょう。歯の表面がきれいなら、再石灰化もしやすくなりますtears

 

ガムは使い方が大切。基本はしっかり歯みがきをすること!!そして、唾液+カルシウム+フッ素の力で歯の健康を守りながら、お手入れしやすい環境をつくっていきましょう( ̄▽+ ̄)heart

 

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711