医院ブログ

CLINIC BLOG

医院ブログ

気になる情報(矯正治療「7つの不安」、抜歯vs非抜歯治療、舌側vsマウスピース矯正など)は「こちら」からお探しいただけます。

2016.03.23更新

こんにちはni

歯みがきの効果を高め、虫歯予防にもなるオススメアイテム、それは『デンタルリンス』ですtooth

矯正中はブラケットやワイヤーにより、歯ぐきの炎症を起こしやすくなるため、歯ぐきの炎症予防成分が配合されているものがオススメです。

それがコチラmagnifierシステマ薬用デンタルリンスstar

デンタルリンス

このデンタルリンスの特長は2つlight bulb

歯ぐきの炎症の発生を防ぐ成分が入っていること。

細菌を殺菌する成分が入っていること。

歯ぐきの炎症の原因はやはり歯垢(=細菌)です。お口の中に炎症を起こしやすい部分があったり、すでに歯肉炎が起きている部分があれば、歯みがきとあわせて使用することをオススメしていますleaf

 

では、ここで!!効果的な使い方を3つcrown

歯みがきの仕上げに使う→歯の表面や歯と歯の間に汚れが付いていては、歯ぐきのポケットの中まで薬液が届きません。歯間ブラシやデンタルフロスでのお手入れの後ならより効果的flower2

ガラガラうがいではなく、ブクブクうがいで→歯と歯の間に薬液を通すように、左右と前歯、まんべんなく20秒ほどブクブクいきわたらせてから吐き出します。

寝る前(夕食後)の歯みがきの後に使う→寝てる間は細菌が繁殖しやすいため、寝る前のうがいはとてもオススメです。

 

矯正中は頑張っても磨きにくいところがどうしても出やすいので、フッ素配合の歯みがき粉やガム、それからデンタルリンスを上手に取り入れて、虫歯や歯肉炎が起きないよう、予防することが大切ですnote2

あわせて歯科でのメインテナンスで、磨ききれない部分のケアをしていきましょうnicoheart3

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.03.08更新

こんにちはni

今日は、歯の裏側に矯正器具が付いている方にオススメglitter3磨きやすい、仕上げ磨き用の歯ブラシをご紹介しますtooth

写真の左側のちょっと特殊な歯ブラシですlight bulb主に下の前歯の裏側、ブラケットの下の根元の部分に使います。

テペ1

舌の下に唾液腺の開口部があるため、ブラケットと歯との段差に歯石が付きやすいのですが、この歯ブラシだと簡単にお手入れでき、オススメです。先日お話したポイントブラシよりヘッドが大きく、横幅が広い。まさに根元用up arrow

 

歯ブラシの当て方はこんな感じmagnifierstar

テペ2

ブラケット下の歯の表面に、毛先を直角に当て、細かく横に動かしながら、歯と歯の間にも毛先を入れ込ませていきます。優しい力加減で動かすと、簡単に歯と歯の間に入りますよ~note2歯ブラシの柄の角度は、皆さんの前歯の角度に合わせてお渡ししますので、既製品よりも磨きやすいかと思います。ちなみに、温かいお湯につけると柄の角度の調整が可能ですleaf

 

当院では、お口に合った歯みがきの方法を矯正前にしっかりお伝えしています。歯ブラシ、ポイントブラシか歯間ブラシ、そしてこの裏側専用歯ブラシを使って、きれいな歯並びのために歯みがきも頑張りましょう( ̄▽+ ̄)glitter2

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711