医院ブログ

CLINIC BLOG

医院ブログ

気になる情報(矯正治療「7つの不安」、抜歯vs非抜歯治療、舌側vsマウスピース矯正など)は「こちら」からお探しいただけます。

2017.04.19更新

をさて、3月上旬にスウェーデンはイエテボリで開催されたスウェーデン矯正歯科学会に参加したことは、前回のブログでお伝えしましたが、今回のイエテボリ再訪には、もう一つの目的がありました。

それは、イエテボリ大学矯正科の友人Eminaの学位討論会に参加することでした。

Emina

(討論会を終えた直後のEmina Cirgic博士と)

 

スウェーデンの学位討論会は、外部の大学から試験官(Opponent:敵と言う意!)を呼び、大勢の聴衆の前で行うとてもオープンなものです。

討論会

試験官だけではなく、学位審査委員会(スウェーデン国内から集まった教授数人)や聴衆からも質問を受けるので、試験を受ける人は大変です。

 

この様な公開試験システムは、矯正専門医を取得するための最終試験の時にも行われます。私もそれを経験しましたが、それは大変なイベントでした!

Final exam

(最終試験のプレゼンを試験官と聴衆の前で行う石川)

 

学位討論会や専門医試験の様なイベントには、人がたくさん集まるので、矯正歯科界の重鎮に質問をする良い機会でもあります。

Bengt

(イエテボリ大学矯正科 前教授Bengt Mohlin先生と)

 

Heidrun

(イエテボリ大学矯正科 助教授Heidrun Kjellberg先生と)

 

学術的に実りの多きスウェーデン再訪でした!

 

次回は「知られざるスウェーデン」についてお話したいと思いますnico

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2017.04.04更新

3月上旬にイエテボリで開催された、スウェーデン矯正歯科学会に参加してまいりました。この季節のイエテボリは寒く、どんより暗いので観光には全く適しておりません・・・

ですから日本から参加したのは私だけでしたnamida

イエテボリとトラム

(イエテボリのメインストリートを走る路面電車「トラム」)

 

今回の学会のメインスピーカーは、矯正歯科の分野では世界的権威である、英国はマンチェスター大学 矯正科教授のKevin O'Brien先生でした。

Prof. O'Brien

(石川とO'Brien教授、学会会場にて)

実は、イエテボリ空港に到着した際に、O'Brien教授にバッタリお会いしました。ご挨拶をして話をしていると、学会が手配したタクシーが迎えに来ておらず、どうしてよいか困っているとのことでした。

O'Brien in GOT

(イエテボリ空港にてO'Brien教授と)

 

イエテボリ大学矯正科の友人が、私を空港まで迎えに来てくれていたので、なんと教授を友人の車で、ホテルまで一緒に送ることになりました!

Tommaso and Kevin

英国の矯正システム、EU離脱や移民問題など”イギリスの今”を聞くことができました。

 

ところで、O'Brien教授は、自身のブログで、歯列矯正に関する"問題点"を科学的に炙り出していています。学会の口演は、このブログをより専門的にしたものでした。

患者さんも”正しい情報”を集めて、良い治療を受けるために勉強する時代です。日本語に訳されているブログもある(日本語が少し堅いですが・・・)ので、興味のある方はぜひご覧ください。

Kevin Blog

(ブログはこちらからアクセスできます)

 

皆さんの周囲の矯正医が、どれだけ科学に精通しているかの物差しになるかも知れません!

 

後編につづく 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711