医院ブログ

CLINIC BLOG

医院ブログ

気になる情報(矯正治療「7つの不安」、抜歯vs非抜歯治療、舌側vsマウスピース矯正など)は「こちら」からお探しいただけます。

2017.02.14更新

「金属アレルギーかもしれないけれど、矯正治療は可能でしょうか?」

という質問を受けることがあります。


少し難しい話になってしまいますが、金属アレルギーを引き起こす仕組みと症状について、まずお話したいと思います。



① 金属アレルギーを引き起こすしくみは、
「原因となる金属から金属イオンが溶け出して、人の体内にあるたんぱく質と結合して、アレルギーを起こす原因となるアレルゲンのたんぱく質に変わってしまう」ことから起こります。

つまり溶け出しやすい金属はアレルギーを引き起こしやすいのですね。



② 金属アレルギーの症状としては、大きくわけて2つあります。
接触性皮膚炎・・・金属の接触部におきるもの
全身性皮膚炎・・・金属イオンが血流にのって全身へ運ばれておきるもの。(小水疱、紅斑、痒疹、じんましんなど)

これらの症状に心当たりがある方は注意が必要ですね。

 

では金属アレルギーを引き起こしやすい金属とはどういったものがあるのでしょうか?
代表としては、ニッケル、コバルト、クロム、パラジウムなどがあります。最も金属アレルギーを引き起こしやすいニッケルは、(お金、食器、メガネのフレーム、下着の金属、アクセサリー、など)色々な物に使用されています。

それでは、金属アレルギーを引き起こしにくい金属とはどういったものがあるのでしょうか?
代表としては、チタン、金、銀、プラチナ、などがあります。特にチタンは、水に溶け出しにくく金属アレルギーの起きない金属として有名で、人体器具(インプラント、ペースメーカー)などに使用されています。



ここで本題に入ります。
矯正治療で使う器具は一般的にどのような金属なのでしょうか?


① 歯につけるブラケットには、一般的に2種類あります。
セラミック製(陶磁器)・・・金属アレルギーの心配なし
ステンレス・スチール(鉄、クロム、ニッケルなど)・・・金属アレルギーの心配あり

② 歯の列につけるワイヤーにも大きく分けて2種類あります。
ステンレス・スチール・・・金属アレルギーの心配あり
ニッケル・チタン・・・金属アレルギーの心配あり



では、金属アレルギーの方はどうすればよいのでしょうか?

それは、金属アレルギーを引き起こす可能性のあるブラケットやワイヤーを使用せず、安全な純チタン製のブラケットやワイヤーを使って治療することです。また、インビザラインなど、プラスチック製のマウスピースを使った矯正治療を行うことで、金属を使わずに矯正治療をすることも可能です。



また、当院では、純チタン製のブラケットやワイヤーを使用することも不安な方に、治療開始前に一本の歯にのみ純チタン製のブラケットを装着して経過を観察し、安全を確認したうえで治療を開始する場合があります



金属アレルギーが疑われて、矯正治療への不安のある方は「自分は何の金属にアレルギーがあるのか?」を皮膚科などでパッチテスト等を行って調べてみると良いでしょう。



原因となる金属がわかれば、安全な金属を使った治療を受けることが可能になりますし、日常の生活も安心しておくれるのではないかなと思います笑う



石川紀子 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2017.01.26更新

むし歯の治療は子どもの時から受けてきたことがあるけれど、「矯正治療」は人生で初めて経験する治療の方がほとんどだと思います。

「矯正治療の痛みってどんな痛みだろう?  治療中、自分はたえられるのだろうか?」と不安に思われる患者さんの心配をよくうかがいます。

question

そこで、矯正治療の痛みについて患者さんにアンケートをしてみました。

 


Q1. 痛みがでるのは、いつごろですか?

A1.『装置をつけた翌日』の方が一番多かったです。

なので、装置を付けた当日の患者さんに、診療後に「この後、食事はどれくらいたってからとったらいいですか?」と質問されますが、「すぐにお食事をなさってください。痛みは直後より少し時間がたってからのほうが出やすいようです。」とお答えしています。

 


Q2. 痛みはどれ位の間続きますか?
   
A2.『痛みのピークは2~3日後、だいたい1週間で痛みは感じなくなり、普通に食事や生活ができる。』 とのことです。

 


ところで、なぜ痛みが出るのでしょうか?

これは「矯正装置が歯を動かし始めたから」です。痛みは嫌なものですが、歯が動いていると思うと前向きに考えられますね。

また、このほかに『矯正装置がほっぺたに当たり痛む、口内炎ができてしまう』ということもあります。

 

では、痛みの対処法をお伝えしたいと思います。

「痛み止め」を処方いたします。処方いたしますが、飲まないですんだ方がほとんどです。お飲みになった方でも1、2回飲めば大丈夫のようです。

② スウェーデン矯正歯科では、冷えると柔らかくなる特殊素材のワイヤーを使っています。ですから、痛みが辛いときには冷たい水を口に含むと痛みが楽になります。

③ 矯正装置がほっぺたにあたって口内炎ができないように、原因となる装置に半透明のワックスを付けてほっぺたを保護することができます。このワックスはもちろん食べてしまっても身体に害のない素材です。

 

 

患者さんの痛みの体験談をうかがうと、痛みは確かにあるけれども1週間くらいで慣れてしまうし、対処法もあるので平気だったというものばかりでした。また、患者さんによっては、痛みではなく違和感とおっしゃる方もいらっしゃいました。

初めて経験することは、心配がつきものですね。このブログから少しでも心配が取り除かれて、安心して矯正治療を進められることを願っています笑う

石川紀子

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.08.23更新

女性の患者様の中には、矯正治療が妊娠出産の期間に重なってしまうことを心配して、相談される方がいらっしゃいます。

とくに、初めての妊娠の場合は、ご自分の身体が妊娠出産でどのように変化するのか(つわりなど)がわからず心配されるようです。

たしかに、妊娠出産の時期に矯正治療(歯科治療全般にいえることですが)で注意が必要なことがあります。

 

例えば、
① 矯正治療に伴う抜歯が必要な場合、胎児、妊婦に影響のない時期や薬の選択(痛み止めや抗生物質など)
② 妊娠中の身体の変化(つわりなど)による、歯ブラシをしづらい環境になる可能性。(矯正治療中にはいつもに増して、歯ブラシが大切になります)
③ 定期的の通院の難しさ。出産の時期はひと月お休みするなど
などがあげられます。

 

注意しなければならない事はありますが、しっかり注意しながら治療をすれば問題のないことばかりです。

 

妊娠期間(育休)を利用して(人にあまり会う必要がなく、仕事にも差し支えないとの理由で)念願の矯正治療を始めて、無事に元気なお子様をご出産され、今はお母様のお腹の上でスヤスヤ眠る赤ちゃんと一緒に通院されている素敵なお母様も、院長は診療しています!

出産と矯正

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.08.01更新

国民の約3人に1人が、かみ合わせや歯並びの問題から、矯正治療の適応者であると言われております。

矯正治療と言うと、歯の見える部分に注目が集まります。しかし、実際歯が動いているのは歯の根の部分、つまり「歯肉で見えない部分」です。

ドラキュラ

 

ところで、日本の成人の約84%が、歯周病(歯肉からの出血、歯のグラつきなど)を罹患していると言われています。では、歯周病が起きる部分はどこでしょうか?

そうです、歯肉、つまり「歯の根の部分」で起きます。そこは、歯をかすくためにも重要な場所でした。

 

「歯周病に罹っている歯を矯正治療で動かすと、歯周病の進行が早くなる」という科学的根拠があります。ですから、矯正医には、歯周病を正しく知っていることが求められるのです。

認定証書

当院で矯正治療を受けられる成人の患者様を調べると、多くの方が歯肉に何らかの異常を抱えております。ですから、矯正治療をお考えの皆様にとっても、歯肉の異常(歯ブラシ時の出血など)は他人事ではないと思われなます。

 

矯正治療を始める前には、歯周病に精通した矯正医が、歯周病の検査を正しく行うことが、将来起こりうるトラブルを未然に防ぐことにつながるのです。 (もっと詳しく知りたい方は、こちらもお読みください)

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.07.21更新

先日、第29回日本顎関節学会に参加しました。

顎関節学会

快晴の3連休中に、箱根で行われた学会・・・屋内に引きこもり・・・
よほどの「アゴ好き」でないと耐えられません!

 

顎関節症とは口を開閉する際に、顎関節周辺の1.痛み 2.雑音 3.開口障害を伴うものです。

 

適切な治療を行えば、十分に回復する症状ではあります。しかし、診査や診断が難しく、正しく治療しないとなかなか治らない厄介なものです。特に、矯正治療中は、かみ合わせが常に変化することから、顎関節に不安を感じる患者様もいらっしゃいます。ですから、矯正医は、顎関節に精通していることが理想です。

 

私は、日本一外来患者数の多い、東京医科歯科大学の口腔外科で5年間研鑽を積み、日本顎関節学会の専門医になりました。矯正治療中の顎のケアもお任せください!

 

矯正治療は、ただ歯を並べるだけの治療ではありません。治療中に起こりうる顎や歯肉などのトラブルに、きちんと対応できる医院をえらぶことが、安心な矯正治療を受けるためのポイントです。

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.06.10更新

今、このブログを見ている皆さんは、どの様に歯並びを綺麗にしようか考えている方達だと思います。治療方法はもちろん、費用や期間を気にしている方がほぼ全員でしょう。

矯正治療は、約1~2年で終わります。去年の正月の事を考えると一年が過ぎるのはあっという間ですから、矯正治療は、思ったよりも早く進むのかも知れません。

 

ところで、皆さんは、矯正治療が終わった後のことも考えていらっしゃいますか?

 

例えば、30歳で矯正治療を終えた方は、平均寿命まで50年近くもあります。皆さんは、その50年の間に「矯正治療がお口の健康に与える影響」を考えた事はありますか?

矯正は、将来にわたって、歯の悩みのない豊かな人生を送るための手段の一つです。矯正治療が終わった先のことを考えることが最も大切だと、私は常に考えております。

 

ですから、当クリニックでは、歯を削って無理やり歯並びをよくする"セラミック矯正" (矯正でも何でもありませんが…)を積極的には行いません。それは、神様が作った天然の歯には、「耐久性や清掃のしやすさ」がかなわないからです。同じ差し歯や詰め物を何度も交換した経験がある方もいらっしゃるでしょう。

また、歯と歯肉の健康を多少なりとも害する恐れのあるコルチコトミーなどの外科処置等も、患者さんが切望しない限りはおすすめしておりません。(私は矯正医ですが、口腔外科出身で、歯周病の認定医でもあります)

 

「自然に逆らわず、それを最大限に生かす」

 

それが日本人が愛する、北欧スカンジナビアのコンセプトです。そして、そのコンセプトは、矯正治療にも当てはまります。

 

「歯の健康をいつまでも保てる矯正」
「後戻りを極力させない矯正」

 

生涯にわたって、自然で綺麗な口元を保つことが私たちの目標であり、それは科学的根拠を正しく用いることで実現可能と私たちは確信しております。

その為には、矯正医には、矯正だけではなく、むし歯や歯周病、口腔外科などを含めた総合的な歯科の知識が必要です。私は、3年間の海外留学経験を通して、世界で最も歯科に関する知識を持った矯正医の1人であると自負しております。

 

目先にとらわれない「将来を見据えた矯正治療」を皆さまが選ばれることを切に願います。

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.03.24更新

春休みの季節になりました。お子様の矯正相談が多くなる季節です。

日本経済新聞に掲載されたためか(詳しくみる)、銀座にある当院でも、お子様の矯正相談をいつにも増してお受けしております。

歯抜け

成長期のお子様には、矯正治療が必要な「異常」が様々あります。
例えば、骨格的には「受け口」「出っ歯」、お口の中では「歯の生え変わりの異常」「かみ合わせの異常」などです。これらは8~10歳で明らかになり始めます。

 

この時期に、医療としての矯正治療を行うことで、将来の顔貌や歯並びに大きなアドバンテージを得られることがあります。

 

ですから、歯科先進国であるスウェーデンでは、子供の矯正治療にとても力を入れます。それは、科学的なデータを用いることで、最小限の治療で最大限の効果を狙う「スウェーデン式の矯正治療」の1つの特徴と言えます。

 

しかし、子供に行う矯正治療で、1つだけ、日本ではよく行われますが、スウェーデンでは全く行われない治療があります。それは、前歯のデコボコだけを直す「歯列拡大」です。

expansion

幼少期の子供の歯並びを歯列拡大で直しても、89%の確率で元に戻る、もしくは元よりも悪くなるという報告があります。

 

確かに、かみ合わせの異常を直すことを’目的’に、’手段’として前歯のデコボコを直すことはあります。しかし、前歯のデコボコだけを直すことが”目的”の治療は、成功率が約10%の質の低い治療でしかありません。(かみ合わせと歯並びは全く別の物です。不適切な矯正治療では、歯並びを直しても、かみ合わせが直っていないことがあります。

 

昨今、子供の矯正、特に歯列拡大によるトラブルが後を絶ちません。お子様の矯正治療を安易に行わないように、どうぞご注意頂ければと思います。 

 

※お子様の矯正に関するQ&Aがあります。こちらもご覧ください。

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.02.15更新

多くの方が、むし歯や歯周病で歯を失って初めて、ご自分の歯・お口の健康の大切さに気付かれます。

その場合、将来のお口への健康不安、つまり、さらに歯を失う不安を解消することを皆様は望まれます。しかし、歯を失ったことで変わった噛み合わせや残った歯への負担をいかにコントロールして自分の口の中を守るか、これは時に難しい問題です。

ですが、矯正治療ならその問題を解決できることがあります。

中高年

一生自分の歯で食事をして、歯に悩むことなく健康に暮らすこと。

そのために皆様の不安を解消し、より良い口の中の環境を作ること。10年以上の一般歯科経験から、患者様の口の中の一生を診てきた矯正歯科医だからこそ、むし歯・歯周病と係わりのある総合的な矯正治療を得意とします。

 

中高年の方で、今更矯正治療をする事への不安を話される方がいらっしゃいます。ですが、治療を始めると、毎月の矯正の調整のみでなく、歯科医が口全体を見ることで安心し、励まされ、そして治療後のメインテナンスにも皆様積極的に頑張られていらっしゃいます。

 

様々な不安を取り除く可能性が、中高年の矯正歯科治療にはあります。

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.01.25更新

最近、セカンドオピニオンでご来院される患者さんが後を絶ちません。

セカンドオピニオンとは、現在の治療の進行状況などを現在治療を受けている担当医とは別に、違うクリニックの歯科医師に「第2の意見」を求めることです。

何故後を絶たないのでしょうか?

セカンドオピニオン

理由は、現在受けている矯正治療に納得がいっていない、もしくは不安があるからです・・・

 

スウェーデン矯正歯科にセカンドオピニオンで訪れる患者様のお口の状態は、以下の2つにほぼ集約されます。

1. 治療計画が楽観的すぎて、目標とするゴールに到達できなくなっている.
2. ただ歯を並べるだけの治療になっていて、かみ合わせが不安定.

 

1.の場合、「予定治療期間が過ぎても、治療が終わる気配がなく、何か治療が後手にまわっている気がする」や「歯は真直ぐに並んではいるけれど、歯の正中線がずれている、または出っ歯になってきた」などの悩みを伺います。

2.の場合、「歯はきれいに並んだけれど、どこで咬んで良いのか分からない」や「上下の前歯同士で咬めない」などとお聞きします。

 

セカンドオピニオンは、それを求められる矯正医に責任ある言動が求められるため、これから治療を受けられる患者様の初回相談よりも時間と労力がかかります。

セカンドオピニオンで正確に現状を知ることは、患者様が希望されるゴールに早く到達するために必要なことですから、有意義なシステムです。しかし、正確な現状を知り落胆される方がいらっしゃるのも事実です。

そして、あまりにもいい加減な治療を見ることもあるので、正直私がショックを受ける事があります。

 

ところで、セカンドオピニオンに訪れた患者さんに「どの様に担当医(もしくはクリニック)を選んだのですか?」とお尋ねすると、「費用が安かったから」「すぐに終わると言われたから」と言う回答をよく耳にします。

 

一生に一度の矯正治療ですから、セカンドオピニオンが必要な状況にならないようにするためにも治療を任せる矯正医選びは、ぜひ慎重に行って頂きたいと思います。

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.01.19更新

非抜歯治療とサージェリーファースト、どちらも矯正治療に関する専門用語です。

最近は、これらの言葉を患者さんから聞くことがあるので、インターネットの力は凄いなと思います。

 

ところで、非抜歯治療とは、歯を抜かないで歯並びやかみ合わせを直す治療のことです。

 

サージェリーファーストとは、外科的矯正治療の1つの方法です。

骨格的な問題で「歯並び・かみ合わせ・横顔のライン」が乱れている場合、手術で上下の顎の位置関係を改善する必要がありますが、サージェリーファーストは、術前の矯正治療を省いてしまう方法で、治療期間の大幅な短縮が特徴です。術前矯正の期間は、およそ2年との報告がありますので、それを省けることは、患者さんとってとても大きなメリットです。

また、術前矯正をすると歯並びは良くなりますが、横顔のラインが悪化する(下顎前突の方は、より下顎前突になる)ので、術前矯正を省くことができれば、患者さんの生活の質(QOL)を下げずに済みます。

 

では、非抜歯治療の可能性を上げるため、また術前矯正を省くサージェリーファーストを実現するには、どうしたらよいのでしょうか?

 

SMAP

(SAS; Dentsply HPより)

 

そのために必要なのが「SAS(Skeletal Anchorage System)」です。

当クリニックでもSASを用いた矯正治療は可能ですので、ご興味がある方はどうぞご相談ください。

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

前へ