症例ブログ

CLINIC BLOG

症例ブログ

気になる症例(デコボコ、出っ歯、横顔の改善、見えない矯正など)は、「こちら」からお探しいただけます。

2016.10.24更新

20代女性、主訴は「上の前歯がねじれている」でした。

患者さんは、9か月後にウェディングを控えており、それまでに前歯を綺麗に並べたいとのことでした。また職業柄、見えない矯正装置を希望されたので、インビザライン(マウスピース矯正)をすることにしました。

 

(治療前)上の前歯が、横から見てもねじれています。結婚式の記念撮影に「悔い」を残したくないとのことでした。

インビザ前

インビザラインは「透明なマウスピース」でできていて、着けても目立ちません。

インビザ

 

(治療後)前歯のねじれが改善されました!奥歯もしっかり咬んでます。

インビザ後

ブライダル後 唇

 どの角度から見ても自然で綺麗な歯並びです!記念撮影も「最高の笑顔」で撮影ができました!

 

院長のコメント: 治療期間は、約7か月でした。

「式までに最高の状態に持っていく!」という強いモチベーションを患者さんがお持ちだったこともあり、治療計画を修正することなく治療を進めることができました。結婚式に間に合うように、治療を計画したので、その治療結果には大変満足して頂けました。

コメント

 

さて、マウスピース矯正は、一見手軽な感じがするので、誰が治療しても同じ結果が得られると思われるかも知れません。しかし、それは大きな勘違いです。

実は、インビザライン治療は、治療する歯科医師に矯正治療の知識が無いとできない、れっきとした矯正治療です。

 

例えば、インビザラインでは、治療計画を作る際に「クリンチェック」というソフトを使って、パソコン上でシュミレーションを行います。その際に「ゴール設定は現実的なのか」「歯の動かし方に無理はないのか」等は、治療を担当する歯科医師が判断して決めなければなりません。

もし、治療計画のどこかに無理があったら?

歯は計画通りに動かず、もちろん期待していた治療結果も得られません。ですから、マウスピース矯正こそ、治療する歯科医師には、矯正治療の知識が絶対的に求められるのです。

 

また、マウスピース矯正を行うと、治療後に上下の奥歯が離れて、咬めなくなることがあります。そのようなトラブルをどの様に未然に防ぐか、また起きてしまったトラブルをどの様にリカバリーしていくのか? やはり治療する歯科医師には、矯正治療の知識が必須でしょう。 

 

【当院だけのマウスピース矯正はこちらから】

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.04.05更新

16歳女性、主訴は「上の前歯が飛び出ている」でした。

この患者さんは、「出っ歯、奥歯の反対咬合、正中線のずれ」の他にも歯並びやかみ合わせに問題がありました。説明すると複雑になるので、今回は、治療前・後の写真を大まかに見比べてみましょう。

 

(横から見た写真) 出っ歯が改善しました!

上顎前突

 

(前から見た写真) 奥歯の反対咬合が直り、上下の正中線も一致しました!

奥歯の反対咬合

 

院長のコメント: 治療期間は、1年10か月でした。

上顎前突(出っ歯)の原因は様々です。ですから、治療方法も様々あり、場合によっては抜歯をしない(非抜歯)で直せることもあります。

この患者さんは、かなりの出っ歯でしたが、3M社のForsus(フォーサス)と言う画期的な上顎前突改善装置を用いて治療する事で、非抜歯で理想的に歯並びと咬み合わせを改善することができました。しかし、この装置を使えば、どんな症例でも直せる訳ではありません。適応症を正確に見極めなければ、理想のゴールには一生たどり着けません

 

◎私は、「臨床家のための矯正YEARBOOK 2015」という、矯正治療に関する有益な情報を歯科医療に携わる方々へ伝える本に、3M社の依頼によりForsusに関する論文を寄稿しました。

Forsus

上顎前突の治療にも「科学」が存在します。そして、それを活かすノウハウやコツ、経験は専門医によって差があります。

科学に基づく経験で培ったノウハウやコツを活かした矯正治療を、スウェーデン矯正歯科では「自信」を持って提供しております。

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2016.03.14更新

50代女性、主訴は「歯並びが変わってきた」でした。患者さんは、昔から受け口をずっと気にしていたそうですが、シニア世代になり矯正治療を諦めていたとの事でした。

 

治療前: 歯と歯肉の間に歯石がついており、歯周病を患っていました。歯周病になると、歯が前に飛び出てきたり、デコボコしたり、隙間が開いたりします。また、反対咬合(受け口)も明らかでした。

治療前

歯周病を改善してから、矯正治療をしました。

 

治療後: 反対咬合が直り、歯並びだけではなく咬み合わせも良くなりました!

治療後

 

院長のコメント: 治療期間は、1年1か月でした。

この患者さんは、医療従事者で、看護師に教育講演をする立場にある方でしたので、歯周病治療の必要性と矯正治療の可能性を完全に理解してくださったのが、本症例の成功のポイントであったと思います。

矯正治療後は「顎を動かしやすくなった」 「滑舌が良くなり、話しやすくなった」 「もっと早く矯正治療を受ければ良かった」と感想を述べられておりました。

 

しかし、矯正治療で得られることは、それだけではありません!

 

中高年を迎えると、重力で下唇が下がり、下の前歯が昔よりも見える様になります。ですから、下の前歯のデコボコや隙間、反対咬合は、若い時よりも目立つようになります。それらを矯正治療で改善する事で、アンチエイジング効果も期待ができる場合があります。

 

治療前:下の前歯の隙間と反対咬合が”目立ちます”。

治療前

 

治療後:笑った時の口元が”自然”になり、表情が明るくなりました!

治療後

 

【ポイント】

1. 中高年の方であっても、歯周病や虫歯などがなければ、矯正治療は問題なくお受け頂けます。(詳しく知る)
2. シニアの矯正治療では、かみ合わせや歯並びが良くなるだけではなく、アンチエイジング効果も期待できます。
3. 反対咬合は、手術を受けなくても、矯正治療だけで直せる場合があります。

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.12.08更新

15歳女性、主訴は「上の前歯の真ん中のライン(正中線)が顔の真ん中に合っていない」でした。

 

治療前: 上の歯の正中線がお顔の正中からずれていました。八重歯も見られます。

PG eo

お口の中を見ると、上下の歯の正中線が両方ともお顔の正中からずれていました。

PG before

 

治療後: 上下の正中線がお顔の正中と一致しました!八重歯も同時に直りました!

正中

 

院長のコメント: 治療期間は、1年10か月でした。

上の前歯の正中線が、お顔の正中線とずれていることを友達に言われて気になり始めたとのことでした。

なぜ、この患者さんの正中がずれ、八重歯になったのでしょうか?

1.乳歯の犬歯(糸切り歯)をむし歯で早くに失った.
2.前歯がその抜けたスペースに移動した(正中がずれる原因).
3.大人の糸切り歯が萌えてくるスペースを移動してきた前歯に奪われてしまい、行き場をなくした犬歯が八重歯になった.

乳歯は、永久歯の歯並びにも大きな影響を与えますので、子供のむし歯予防はとても大切です。

 

正中線のズレを改善する矯正治療は、難しくデリケートな治療です。十分な治療経験を持つ専門医に治療を任せることが必要でしょう。

 

また、本症例では、著しい正中線のずれと上の八重歯が見られたので、抜歯が必要でした。抜歯を好んでする矯正医はいませんしかし、患者さんの要望に無理なく応えるためには、時として抜歯が必要になることがあります。(ブログ「抜歯と非抜歯、どちらが良い治療?」をご覧ください)

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.11.24更新

17歳女性、主訴は「上の歯の真ん中のライン(正中線)がズレている」でした。

 

治療前: 上顎の正中線が明らかにずれていました。八重歯も唇にひっかかると気にされていました。

ER before

 

治療後: 上下の正中線が一致しました!八重歯も直りました。

ER after

 

院長のコメント: 治療期間は、ちょうど2年でした。

上下の歯の正中線の「ずれ」の原因は、以下が考えられます。
 1.歯性(左右どちらかに八重歯がある場合など)
 2.骨格性(顎の骨が左右対称でない)

また、歯とお顔の正中線のずれは、歯や顎骨に問題がなくてもお鼻が曲がっている場合にも見られます。

上の前歯の正中線が、お顔の正中線と2mm以上ずれている場合、歯科医師だけではなく一般の方でもそれに気付くという報告があります。しかし、ハリウッドスターでも上顎の正中線がずれている方はおりますので、本人が気にしなければ問題のない事です。

 

また、本症例は、条件が整っていたので抜歯をせずに正中線を直すことができましたが、時に抜歯が必要となる場合もあります。

何が原因で正中線がずれているのか、また、正中線だけを整えるのか、それとも咬み合わせも合せて整えるのかなどによっても治療方針が変わります。「正確な診査・診断」に基づいた「無理のない治療方針」が重要になるので、病院選びがとても大切になるでしょう。 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.11.02更新

矯正治療をもっと知って頂くために「矯正治療の豆知識」を医院ブログに掲載しております。

・矯正治療 「7つの不安」
・部分矯正の秘訣
・抜歯と非抜歯、どちらか良い治療?
・科学的データのトリック

などのトピックスをイラストや写真を使って分かりやすくご説明しております。

よろしければご覧ください!(医院ブログはこちら

!

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.09.14更新

16歳男性、主訴は「上の前歯が一本ねじれている」でした。 

この症例は、趣向をかえて治療前(上)・治療後(下)の顔写真から見てみましょう。

RF af

主訴の「前歯のねじれ」はもちろん直りましたが、何か笑顔の印象が違います。どこが違うか皆さんお気づきになりましたか?

 

RF dot

実は、前歯のねじれだけではなく、「奥歯の位置」も直したからです!

 

治療前:

RF b

 

治療中:矯正装置は、上顎だけに付けました。

RF Tx

 

治療後:上の前歯はまっすぐになりました。 奥歯の位置が改善し、かみ合わせも良くなりました! 上下の正中線も一致しました。

RF after

 

院長のコメント: 治療期間は、9か月でした。 より部分的な矯正でも前歯をまっすぐにすることは可能でした。しかし、奥歯を外側に移動させて、奥歯と頬の間のスペース (Buccal corridor)を狭くすると、笑顔の更なる改善が望めたため、あえて上顎の奥歯にまで矯正装置を置きました。

この治療で一番時間がかかるのは、前歯1本のねじれを直すことです。それを待っている間に奥歯の位置も直してしまう、時間を有効に利用したまさに「一石二鳥」の治療だったと言えるでしょう。

 

部分矯正治療には、大きな「幅」があります。皆様の希望を伺った上で、より良い結果が得られる治療法を当クリニックではご提案いたします。(「部分矯正の秘訣」はこちら

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.08.31更新

9歳女児、治療依頼理由は「受け口」でした。患者さんの希望により、取り外し式の装置(床装置)で直すことになりました。

 

治療前: 上と下の前歯の位置関係が反対(受け口)になってます。

Ellen b

 

治療に用いた取り外し式の矯正装置。ネジを回すと上の前歯を前に押す力が加わります。

Ellen plate

 

治療後: 上下の前歯の位置関係が正常になりました!

 Ellen a

 

院長のコメント: 治療期間は1年でした。取り外し式装置を用いる治療は、ブラケット(固定式装置)を用いた治療よりも一見手軽なように見えます。

しかし、歯が動くにつれて装置がはずれやすくなったり、乳歯がグラグラしてきた際に装置をつけていると歯が痛いなど、煩わしいことも時にあります。また、お子様が装置を適切な時間使用しないと歯が全く動かず”いつまでも終わらない矯正治療”になってしまう可能性があります。

床矯正装置は、歴史のある素晴らしい装置です。しかし、10歳前後の小さなお子様にとって、自己管理が必要な治療は手軽な治療ではない場合があります。

患者さん1人ひとりに合った治療法を選ぶことが治療成功の鍵を握っています。

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.08.04更新

17歳女性、主訴は「口元が前にとがっていて、口が閉じづらい」でした。

 

治療前: 上唇が下唇よりもかなり前にある。原因は、上前歯の出っ歯とデコボコでした。

Alice EO b

Alice IO b

 

治療後: 出っ歯とデコボコを直したので、上唇がひっこんで、口元がきれいになりました!口も楽に閉じられるようになりました!

Alice EO a

Alice IO a

 

院長のコメント: 治療期間は、2年1か月でした。治療途中に体調を崩し、来院できない期間があったので予定よりも長くなりました。しかし、患者さんは、1.口を楽に閉じられるようになった 2.横顔のシルエットがよりきれいになった 3.歯並びもきれいになった のでとても喜ばれておりました。

私(石川)もそうでしたが、日本人は上下の唇が前にとがっていて、口を閉じるときに口元が緊張してしまう人を多く見かけます。その場合、矯正治療で前歯を後ろにさげると口元がとても楽になります。実際、私も口が閉じやすくなったので、矯正治療をやって良かったと感じております。

 

但し、横顔のシルエットを改善するためには、歯頸部(歯の根本)の位置を変える必要があります。矯正治療では、歯全体を動かすのでそれが可能です。しかし、”差し歯矯正”では歯並びをよくすることはできますが、歯頸部の位置は変えられません。

患者さんが「何を改善したいのか」によって治療方法が変わりますので、治療前に矯正専門医および歯科医師とよく相談することをお奨めいたします。

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.28更新

14歳男性、治療依頼理由は「下あごの歯が埋まっている」でした。

 

治療前: 矢印の所に歯が埋まっています。萌えてくるスペースがありません・・・

impacted mand premolar

 

矯正治療によりスペースを作ってあげると、埋まっていた歯が顔を出しました!

Fridian 2

 

その後、埋まっていた歯が無事に正常な位置に誘導されました!

Fridian 4

 

院長のコメント: 日本人の約10人に1人が埋伏歯を持っていると報告されております。その中でも、下顎の第二小臼歯(前から5番目の歯)の埋伏は、よく見かけられます。

12歳頃になっても第二小臼歯が出てきていない場合には、矯正医への受診をお奨め致します。

 

 

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

前へ