症例ブログ

CLINIC BLOG

症例ブログ

気になる症例(デコボコ、出っ歯、横顔の改善、見えない矯正など)は、「こちら」からお探しいただけます。

2015.07.28更新

14歳男性、治療依頼理由は「下あごの歯が埋まっている」でした。

 

治療前: 矢印の所に歯が埋まっています。萌えてくるスペースがありません・・・

impacted mand premolar

 

矯正治療によりスペースを作ってあげると、埋まっていた歯が顔を出しました!

Fridian 2

 

その後、埋まっていた歯が無事に正常な位置に誘導されました!

Fridian 4

 

院長のコメント: 日本人の約10人に1人が埋伏歯を持っていると報告されております。その中でも、下顎の第二小臼歯(前から5番目の歯)の埋伏は、よく見かけられます。

12歳頃になっても第二小臼歯が出てきていない場合には、矯正医への受診をお奨め致します。

 

 

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.22更新

14歳男性、治療依頼理由は「上あごの歯が埋まっている」でした。

 

治療前: 両方の前から3番目の歯(犬歯)が内側に埋まっていました。それが原因で前歯と前歯の間に隙間もあります・・・

Theodor before

 

手術で、歯の頭の部分を出しました。

Theodor after exposure

 

埋まっていた歯が正常な位置に無事運ばれました!

Theodor in arch

 

院長のコメント: 粘膜に埋まっていて出てこれない歯を「埋伏歯」と言います。埋伏歯があると、歯並びに問題が出るだけではなく、隣りの歯にもダメージ(歯根吸収)を与えることがあります。

9~10歳のお子様で、犬歯がまだ出てきていない場合には、矯正専門医への受診をお薦めいたします。特に、内側に犬歯が埋伏している場合、隣りの歯へのダメージが大きくなることがあるので、早期発見が大切です。

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.09更新

15歳男性、治療依頼理由は「上あごの歯が埋まっている」でした。

 

治療前: 前から3番目の歯(犬歯)が外側に埋まっていました・・・

Fridian before

 

埋まっている歯が出てこられるようにスペースを作ってあげると、歯が出始めました!

Fridian space

 

歯が正常な位置に引き込まれました!

Fridian into arch

 

院長のコメント: 粘膜に埋まっていて出てこれない歯を「埋伏歯」と言います。埋伏歯があると、歯並びに問題が出るだけではなく、隣りの歯にも悪影響を与えることがあります。9~10歳のお子様で、犬歯がまだ出てきていない場合には、矯正専門医への受診をお薦めいたします。

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.07更新

13歳女性、主訴は「上の前歯の間の隙間」でした。

 

治療前: 上の前歯間の隙間が気になります・・・・

klara before

 

治療後: 隙間は無くなり、下の前歯のデコボコも直りました!「もう人前でも笑える」と表情がとても明るくなりました!

Klara after

 

院長のコメント: 治療期間は1年9か月でした。この患者さんは、上の前から2番目の歯(側切歯)を生まれつき持っていませんでした。これを先天性欠損と呼びますが、それが前歯の間の大きな隙間の原因でした。

先天性欠損は、前歯だけではなく奥歯にも起こりますが、日本では約10人に1人が持っていると報告されています。欠損しているものをどのタイミングでどの様に補っていくか、科学的根拠を用いた治療が、患者さんの(生活の質)QOLを確実に上げるために重要です。

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.04更新

35歳女性、主訴は「下の前歯のデコボコ」でした。

デコボコが気になってしまい、人前で笑う時は手で口元を隠していました。

 

治療前: 前歯のみの治療を希望されました。

3inc before

 

装置装着時: 前歯にのみブラケットをつけました。

3inc bond

 

治療後: 歯並びが綺麗になり、思いっきり笑えるようになりました!

3inc after

 

院長のコメント: 治療期間は9か月でした。部分的な矯正が、患者さんの悩みを解決するのにとても有効なことがあります。

また、この症例では、矯正治療の恩恵がもうひとつありました。下の写真をご覧ください。

 

治療前: デコボコの歯がぶつかってしまい、上の前歯(差し歯)の高さが周りの歯と合っていない。例え1mmの高さの違いでも目立ってしまう事があります・・・

3inc before side

 

治療後: 下の前歯のデコボコが解消し、周りと調和の取れた差し歯を入れることができました!

3inc after side

 

上の前歯を治す時に、下の前歯を矯正すると、上の前歯の差し歯のクオリティーが飛躍的に向上することがあります。

但し、全体のバランスをみて「部分矯正」が適応できるか判断する必要があります。安易に行うと、歯は綺麗に並んだが、上下の前歯の間に前後的に大きな隙間ができた(過度なオーバージェット)やかみあわせが深くなる(ディープバイト)等の予期せぬ状態が生じることがあります。正確な診査・診断が矯正治療には常に求められます。(「部分矯正の秘訣」はこちら

 

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.02更新

51歳女性、主訴は「奥歯で物をかめるようにしたい」でした。

奥歯は虫歯で失ったとのことですが、下あごの歯並びに歯周病が原因でひどくなったデコボコ(叢生)が見られました。

 

全体治療前: 歯周病を治したのちに、インプラントを用いて歯を失った場所を補うことになりました。差し歯も混在しています。

Ima initial

 

ところが、患者さんのお話を聞いているうちに、前歯のデコボコをとても気にされていることが分かりました。そこで、インプラントを利用して矯正治療をすることになりました。

 

矯正治療開始時:この患者さんでは、インプラントの利用が治療戦略の「鍵」をにぎります。

Ima ortho word

 

矯正治療終了時: 歯並びが綺麗になり、かみ合わせも良くなりました!

Ima ortho end

 

全体治療後: 最終的な差し歯(白い歯)が入り、とても綺麗になりました!

Ima final

 

院長のコメント: 矯正治療の期間は1年かかりましたが、患者さんの満足度がとても高い治療でした。なぜなら、患者さんの悩みを可能な限り取り除いたからです。

患者さんの悩みは常に変わります。この患者さんも 『奥歯で物をかめる様にしたい→入れ歯ではなく、インプラントで補いたい→その前に歯周病を治したい→前歯のデコボコを治したい』 と変わりました。しかし、治療が行き当たりばったりでは、皆さんの悩みが上手く解決できないかも知れません。差し歯治療も考えて口の中を総合的に判断し、最適な治療戦略をあらかじめ立てられることが、複雑な成人の歯科治療には求められます。

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.01更新

25歳女性、主訴は「出っ歯」でした。患者さんの希望により、上は見えない矯正(舌側矯正)、下は通常の矯正(表側)で治療しました。

 

上顎の装置装着時: 全く見えません!(下あごに装置はまだ付いていません)

Harmony front

Harmony Upper

 

治療途中: 笑っても見えません!

Frid 45

Frid Front

 

院長のコメント: 治療を開始した時、患者さんは半年後に結婚式を控えていました。できるだけ上の歯を目立たないように綺麗にしたい費用も抑えたいとの事で、上あごのみ舌側矯正で治療を始めました。結婚式直前の治療途中で撮った顔写真では、全く装置が見えません。ですから、患者さんは、上下の矯正装置を付けたまま結婚式を挙げました。式の写真を見せてもらいましたが、とても綺麗な笑顔でした。

ちなみに、患者は歯学部を卒業したての学生でしたので、治療をする度に山の様な質問を受けました。一般の患者さんにとってもご自身の治療内容をよく知ることは、治療を前向きに受けるのに大切な事ですので、どうぞお気軽にご質問ください!

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.01更新

16歳女性、主訴は「八重歯」でした。
日本では人気がある(?)八重歯ですが、欧米では「魔女の歯」と言われ全く人気がありません・・・

 

装置装着時: 多少は装置が見えましたが、友人には全く気付かれていなかったとのことです。

Incognito front

Incognito Upper

Incognito Lower

 

装置除去前: 全く分かりません!

Incognito front2

 

 院長のコメント: 治療期間は2年1か月でした。矯正装置が見えることに「ためらい」を感じる方にとっては、最も適した治療方法と言えます。八重歯も直り、患者さんはとても満足されていました。

しかし、どのような矯正装置を使っても治療結果にあまり差はありません。なぜなら、あくまでも道具だからです。適切な診査・診断と治療戦略こそが矯正治療には一番重要です。

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.01更新

10歳男の子、主訴は「受け口」でした。

 

治療前: 舌で下の前歯を押すクセが原因で、受け口になってしまいました・・・

Tommie before\

 

舌の位置を改善する訓練とブラケットを用いた矯正治療を行いました。

Tommie during

 

治療後: 受け口は解消しました!

Tommie after

 

院長のコメント: 治療期間は9か月でした。舌を前に出すクセ(舌突出癖)が原因で、反対咬合になってしまったと考えられる症例です。患者さんは、舌の位置を改善する訓練の大切さを理解しとても精力的に取り組んでくれました。矯正治療では、たとえ小児であったとしても患者さんの協力度が治療成功の鍵を握っています。

 

 

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.01更新

8歳の男の子、主訴は「前歯の反対咬合(受け口)」でした。

 

治療前: 反対咬合が原因で下顎が右にずれて、さらに前歯がすり減っている・・・

Axel before

 

治療中: ブラケット(固定式装置)で治療をしました。

Axel during 

 

治療後: 反対咬合は直り、下顎の横へのズレもなくなりました!

Axel after

 

院長のコメント: 治療期間は9か月でした。この治療の目的は、1.下顎が曲がって成長しないようにすること 2、歯のさらなるすり減りを予防すること でした。
ちなみに歯並びは、必要であれば大人の歯(永久歯)がすべて萌え揃ってから直します。

どんなに上手に歯を磨けるお子様であっても(治療前)、矯正装置が付くと途端にブラッシングが難しくなることがあります(治療後)。虫歯や歯肉炎予防のために、出来るだけ短い期間で治療を終えることが、小児の矯正治療では大事です。

 

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

前へ