症例ブログ

CLINIC BLOG

症例ブログ

気になる症例(デコボコ、出っ歯、横顔の改善、見えない矯正など)は、「こちら」からお探しいただけます。

2015.11.24更新

17歳女性、主訴は「上の歯の真ん中のライン(正中線)がズレている」でした。

 

治療前: 上顎の正中線が明らかにずれていました。八重歯も唇にひっかかると気にされていました。

ER before

 

治療後: 上下の正中線が一致しました!八重歯も直りました。

ER after

 

院長のコメント: 治療期間は、ちょうど2年でした。

上下の歯の正中線の「ずれ」の原因は、以下が考えられます。
 1.歯性(左右どちらかに八重歯がある場合など)
 2.骨格性(顎の骨が左右対称でない)

また、歯とお顔の正中線のずれは、歯や顎骨に問題がなくてもお鼻が曲がっている場合にも見られます。

上の前歯の正中線が、お顔の正中線と2mm以上ずれている場合、歯科医師だけではなく一般の方でもそれに気付くという報告があります。しかし、ハリウッドスターでも上顎の正中線がずれている方はおりますので、本人が気にしなければ問題のない事です。

 

また、本症例は、条件が整っていたので抜歯をせずに正中線を直すことができましたが、時に抜歯が必要となる場合もあります。

何が原因で正中線がずれているのか、また、正中線だけを整えるのか、それとも咬み合わせも合せて整えるのかなどによっても治療方針が変わります。「正確な診査・診断」に基づいた「無理のない治療方針」が重要になるので、病院選びがとても大切になるでしょう。 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.11.02更新

矯正治療をもっと知って頂くために「矯正治療の豆知識」を医院ブログに掲載しております。

・矯正治療 「7つの不安」
・部分矯正の秘訣
・抜歯と非抜歯、どちらか良い治療?
・科学的データのトリック

などのトピックスをイラストや写真を使って分かりやすくご説明しております。

よろしければご覧ください!(医院ブログはこちら

!

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711