症例ブログ

CLINIC BLOG

症例ブログ

気になる症例(デコボコ、出っ歯、横顔の改善、見えない矯正など)は、「こちら」からお探しいただけます。

2016.04.05更新

16歳女性、主訴は「上の前歯が飛び出ている」でした。

この患者さんは、「出っ歯、奥歯の反対咬合、正中線のずれ」の他にも歯並びやかみ合わせに問題がありました。説明すると複雑になるので、今回は、治療前・後の写真を大まかに見比べてみましょう。

 

(横から見た写真) 出っ歯が改善しました!

上顎前突

 

(前から見た写真) 奥歯の反対咬合が直り、上下の正中線も一致しました!

奥歯の反対咬合

 

院長のコメント: 治療期間は、1年10か月でした。

上顎前突(出っ歯)の原因は様々です。ですから、治療方法も様々あり、場合によっては抜歯をしない(非抜歯)で直せることもあります。

この患者さんは、かなりの出っ歯でしたが、3M社のForsus(フォーサス)と言う画期的な上顎前突改善装置を用いて治療する事で、非抜歯で理想的に歯並びと咬み合わせを改善することができました。しかし、この装置を使えば、どんな症例でも直せる訳ではありません。適応症を正確に見極めなければ、理想のゴールには一生たどり着けません

 

◎私は、「臨床家のための矯正YEARBOOK 2015」という、矯正治療に関する有益な情報を歯科医療に携わる方々へ伝える本に、3M社の依頼によりForsusに関する論文を寄稿しました。

Forsus

上顎前突の治療にも「科学」が存在します。そして、それを活かすノウハウやコツ、経験は専門医によって差があります。

科学に基づく経験で培ったノウハウやコツを活かした矯正治療を、スウェーデン矯正歯科では「自信」を持って提供しております。

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.12.08更新

15歳女性、主訴は「上の前歯の真ん中のライン(正中線)が顔の真ん中に合っていない」でした。

 

治療前: 上の歯の正中線がお顔の正中からずれていました。八重歯も見られます。

PG eo

お口の中を見ると、上下の歯の正中線が両方ともお顔の正中からずれていました。

PG before

 

治療後: 上下の正中線がお顔の正中と一致しました!八重歯も同時に直りました!

正中

 

院長のコメント: 治療期間は、1年10か月でした。

上の前歯の正中線が、お顔の正中線とずれていることを友達に言われて気になり始めたとのことでした。

なぜ、この患者さんの正中がずれ、八重歯になったのでしょうか?

1.乳歯の犬歯(糸切り歯)をむし歯で早くに失った.
2.前歯がその抜けたスペースに移動した(正中がずれる原因).
3.大人の糸切り歯が萌えてくるスペースを移動してきた前歯に奪われてしまい、行き場をなくした犬歯が八重歯になった.

乳歯は、永久歯の歯並びにも大きな影響を与えますので、子供のむし歯予防はとても大切です。

 

正中線のズレを改善する矯正治療は、難しくデリケートな治療です。十分な治療経験を持つ専門医に治療を任せることが必要でしょう。

 

また、本症例では、著しい正中線のずれと上の八重歯が見られたので、抜歯が必要でした。抜歯を好んでする矯正医はいませんしかし、患者さんの要望に無理なく応えるためには、時として抜歯が必要になることがあります。(ブログ「抜歯と非抜歯、どちらが良い治療?」をご覧ください)

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.11.24更新

17歳女性、主訴は「上の歯の真ん中のライン(正中線)がズレている」でした。

 

治療前: 上顎の正中線が明らかにずれていました。八重歯も唇にひっかかると気にされていました。

ER before

 

治療後: 上下の正中線が一致しました!八重歯も直りました。

ER after

 

院長のコメント: 治療期間は、ちょうど2年でした。

上下の歯の正中線の「ずれ」の原因は、以下が考えられます。
 1.歯性(左右どちらかに八重歯がある場合など)
 2.骨格性(顎の骨が左右対称でない)

また、歯とお顔の正中線のずれは、歯や顎骨に問題がなくてもお鼻が曲がっている場合にも見られます。

上の前歯の正中線が、お顔の正中線と2mm以上ずれている場合、歯科医師だけではなく一般の方でもそれに気付くという報告があります。しかし、ハリウッドスターでも上顎の正中線がずれている方はおりますので、本人が気にしなければ問題のない事です。

 

また、本症例は、条件が整っていたので抜歯をせずに正中線を直すことができましたが、時に抜歯が必要となる場合もあります。

何が原因で正中線がずれているのか、また、正中線だけを整えるのか、それとも咬み合わせも合せて整えるのかなどによっても治療方針が変わります。「正確な診査・診断」に基づいた「無理のない治療方針」が重要になるので、病院選びがとても大切になるでしょう。 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711