症例ブログ

CLINIC BLOG

症例ブログ

気になる症例(デコボコ、出っ歯、横顔の改善、見えない矯正など)は、「こちら」からお探しいただけます。

2016.03.14更新

50代女性、主訴は「歯並びが変わってきた」でした。患者さんは、昔から受け口をずっと気にしていたそうですが、シニア世代になり矯正治療を諦めていたとの事でした。

 

治療前: 歯と歯肉の間に歯石がついており、歯周病を患っていました。歯周病になると、歯が前に飛び出てきたり、デコボコしたり、隙間が開いたりします。また、反対咬合(受け口)も明らかでした。

治療前

歯周病を改善してから、矯正治療をしました。

 

治療後: 反対咬合が直り、歯並びだけではなく咬み合わせも良くなりました!

治療後

 

院長のコメント: 治療期間は、1年1か月でした。

この患者さんは、医療従事者で、看護師に教育講演をする立場にある方でしたので、歯周病治療の必要性と矯正治療の可能性を完全に理解してくださったのが、本症例の成功のポイントであったと思います。

矯正治療後は「顎を動かしやすくなった」 「滑舌が良くなり、話しやすくなった」 「もっと早く矯正治療を受ければ良かった」と感想を述べられておりました。

 

しかし、矯正治療で得られることは、それだけではありません!

 

中高年を迎えると、重力で下唇が下がり、下の前歯が昔よりも見える様になります。ですから、下の前歯のデコボコや隙間、反対咬合は、若い時よりも目立つようになります。それらを矯正治療で改善する事で、アンチエイジング効果も期待ができる場合があります。

 

治療前:下の前歯の隙間と反対咬合が”目立ちます”。

治療前

 

治療後:笑った時の口元が”自然”になり、表情が明るくなりました!

治療後

 

【ポイント】

1. 中高年の方であっても、歯周病や虫歯などがなければ、矯正治療は問題なくお受け頂けます。(詳しく知る)
2. シニアの矯正治療では、かみ合わせや歯並びが良くなるだけではなく、アンチエイジング効果も期待できます。
3. 反対咬合は、手術を受けなくても、矯正治療だけで直せる場合があります。

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.08.31更新

9歳女児、治療依頼理由は「受け口」でした。患者さんの希望により、取り外し式の装置(床装置)で直すことになりました。

 

治療前: 上と下の前歯の位置関係が反対(受け口)になってます。

Ellen b

 

治療に用いた取り外し式の矯正装置。ネジを回すと上の前歯を前に押す力が加わります。

Ellen plate

 

治療後: 上下の前歯の位置関係が正常になりました!

 Ellen a

 

院長のコメント: 治療期間は1年でした。取り外し式装置を用いる治療は、ブラケット(固定式装置)を用いた治療よりも一見手軽なように見えます。

しかし、歯が動くにつれて装置がはずれやすくなったり、乳歯がグラグラしてきた際に装置をつけていると歯が痛いなど、煩わしいことも時にあります。また、お子様が装置を適切な時間使用しないと歯が全く動かず”いつまでも終わらない矯正治療”になってしまう可能性があります。

床矯正装置は、歴史のある素晴らしい装置です。しかし、10歳前後の小さなお子様にとって、自己管理が必要な治療は手軽な治療ではない場合があります。

患者さん1人ひとりに合った治療法を選ぶことが治療成功の鍵を握っています。

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.01更新

10歳男の子、主訴は「受け口」でした。

 

治療前: 舌で下の前歯を押すクセが原因で、受け口になってしまいました・・・

Tommie before\

 

舌の位置を改善する訓練とブラケットを用いた矯正治療を行いました。

Tommie during

 

治療後: 受け口は解消しました!

Tommie after

 

院長のコメント: 治療期間は9か月でした。舌を前に出すクセ(舌突出癖)が原因で、反対咬合になってしまったと考えられる症例です。患者さんは、舌の位置を改善する訓練の大切さを理解しとても精力的に取り組んでくれました。矯正治療では、たとえ小児であったとしても患者さんの協力度が治療成功の鍵を握っています。

 

 

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.01更新

8歳の男の子、主訴は「前歯の反対咬合(受け口)」でした。

 

治療前: 反対咬合が原因で下顎が右にずれて、さらに前歯がすり減っている・・・

Axel before

 

治療中: ブラケット(固定式装置)で治療をしました。

Axel during 

 

治療後: 反対咬合は直り、下顎の横へのズレもなくなりました!

Axel after

 

院長のコメント: 治療期間は9か月でした。この治療の目的は、1.下顎が曲がって成長しないようにすること 2、歯のさらなるすり減りを予防すること でした。
ちなみに歯並びは、必要であれば大人の歯(永久歯)がすべて萌え揃ってから直します。

どんなに上手に歯を磨けるお子様であっても(治療前)、矯正装置が付くと途端にブラッシングが難しくなることがあります(治療後)。虫歯や歯肉炎予防のために、出来るだけ短い期間で治療を終えることが、小児の矯正治療では大事です。

 

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.01更新

「子どもの治療例も」とのご要望を頂きましたので、10歳以下のお子さまの治療例をお見せいたします。

 

9歳の女の子、主訴は「受け口」でした。

治療前:見た目がお友達と違うことを気にしてました・・・

Tess before

 

治療後:"正常な"かみ合わせになり、患者さんもとても喜んでいました!

Tess after

 

院長のコメント: 治療期間は1年でした。お子様の場合、矯正治療へのモチベーションを長期間保つ事が難しいため、治療期間は1年以内で終わるように計画いたします。この患者さんの場合、本人が受け口を気にしていたので、やる気に溢れていましたが、それでも1年が精一杯でした。

この治療で得られたものは、”正常な”かみ合わせだけではありません。下の2つの横顔の写真を見比べてください。

 

治療前:顔の真ん中部分(頬~上唇周辺)がへっこんでいて、下唇が飛び出て見えます。

Tess EO before

 

治療後:顔の「へっこみ感」が改善し、上唇が下唇より前に来たので、横顔がとても自然になりました!

Tess EO after

 

お子様のQOL(生活の質)が向上したため、ご両親が患者さん以上に喜んでおられました。

10歳のお子様でもコンプレックスがなくなると、表情はもっと明るくなります。これは、きっと精神的な成長にプラスになると考えられます。

 

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.01更新

17歳男性、主訴は「受け口で物が食べづらい」でした。

 

治療前:前歯の受け口(反対咬合)、奥歯も上下うまくかみ合っていません。

Mattias before

 

治療後:前歯でも奥歯でも楽にかめる様になりました!

Mattias after

 

院長のコメント:治療期間は、1年でした。患者さんは「前歯でサンドイッチがかみ切れるし、奥歯でかみやすくなった!」と感動しておりました。

海外と比べて日本人に多い反対咬合ですが、矯正治療により”正常な”かみ合わせを手に入れることは可能です。但し、受け口は、治療を開始するタイミングが大切な不正咬合ですので専門医による治療をお奨め致します。

 

Mattias EO

 

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711