症例ブログ

CLINIC BLOG

症例ブログ

気になる症例(デコボコ、出っ歯、横顔の改善、見えない矯正など)は、「こちら」からお探しいただけます。

2016.03.14更新

50代女性、主訴は「歯並びが変わってきた」でした。患者さんは、昔から受け口をずっと気にしていたそうですが、シニア世代になり矯正治療を諦めていたとの事でした。

 

治療前: 歯と歯肉の間に歯石がついており、歯周病を患っていました。歯周病になると、歯が前に飛び出てきたり、デコボコしたり、隙間が開いたりします。また、反対咬合(受け口)も明らかでした。

治療前

歯周病を改善してから、矯正治療をしました。

 

治療後: 反対咬合が直り、歯並びだけではなく咬み合わせも良くなりました!

治療後

 

院長のコメント: 治療期間は、1年1か月でした。

この患者さんは、医療従事者で、看護師に教育講演をする立場にある方でしたので、歯周病治療の必要性と矯正治療の可能性を完全に理解してくださったのが、本症例の成功のポイントであったと思います。

矯正治療後は「顎を動かしやすくなった」 「滑舌が良くなり、話しやすくなった」 「もっと早く矯正治療を受ければ良かった」と感想を述べられておりました。

 

しかし、矯正治療で得られることは、それだけではありません!

 

中高年を迎えると、重力で下唇が下がり、下の前歯が昔よりも見える様になります。ですから、下の前歯のデコボコや隙間、反対咬合は、若い時よりも目立つようになります。それらを矯正治療で改善する事で、アンチエイジング効果も期待ができる場合があります。

 

治療前:下の前歯の隙間と反対咬合が”目立ちます”。

治療前

 

治療後:笑った時の口元が”自然”になり、表情が明るくなりました!

治療後

 

【ポイント】

1. 中高年の方であっても、歯周病や虫歯などがなければ、矯正治療は問題なくお受け頂けます。(詳しく知る)
2. シニアの矯正治療では、かみ合わせや歯並びが良くなるだけではなく、アンチエイジング効果も期待できます。
3. 反対咬合は、手術を受けなくても、矯正治療だけで直せる場合があります。

 

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711