症例ブログ

CLINIC BLOG

症例ブログ

気になる症例(デコボコ、出っ歯、横顔の改善、見えない矯正など)は、「こちら」からお探しいただけます。

2015.07.01更新

25歳女性、主訴は「出っ歯」でした。患者さんの希望により、上は見えない矯正(舌側矯正)、下は通常の矯正(表側)で治療しました。

 

上顎の装置装着時: 全く見えません!(下あごに装置はまだ付いていません)

Harmony front

Harmony Upper

 

治療途中: 笑っても見えません!

Frid 45

Frid Front

 

院長のコメント: 治療を開始した時、患者さんは半年後に結婚式を控えていました。できるだけ上の歯を目立たないように綺麗にしたい費用も抑えたいとの事で、上あごのみ舌側矯正で治療を始めました。結婚式直前の治療途中で撮った顔写真では、全く装置が見えません。ですから、患者さんは、上下の矯正装置を付けたまま結婚式を挙げました。式の写真を見せてもらいましたが、とても綺麗な笑顔でした。

ちなみに、患者は歯学部を卒業したての学生でしたので、治療をする度に山の様な質問を受けました。一般の患者さんにとってもご自身の治療内容をよく知ることは、治療を前向きに受けるのに大切な事ですので、どうぞお気軽にご質問ください!

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711

2015.07.01更新

16歳女性、主訴は「八重歯」でした。
日本では人気がある(?)八重歯ですが、欧米では「魔女の歯」と言われ全く人気がありません・・・

 

装置装着時: 多少は装置が見えましたが、友人には全く気付かれていなかったとのことです。

Incognito front

Incognito Upper

Incognito Lower

 

装置除去前: 全く分かりません!

Incognito front2

 

 院長のコメント: 治療期間は2年1か月でした。矯正装置が見えることに「ためらい」を感じる方にとっては、最も適した治療方法と言えます。八重歯も直り、患者さんはとても満足されていました。

しかし、どのような矯正装置を使っても治療結果にあまり差はありません。なぜなら、あくまでも道具だからです。適切な診査・診断と治療戦略こそが矯正治療には一番重要です。

投稿者: スウェーデン矯正歯科(東京・銀座) 03-3535-8711